株主優待目当てならSMBC株価や初値予想よりも簡単

投資をするときには東証一部の大型株のSMBC株価予想をして購入タイミングをはかっている人もいれば、IPOの初値予想をしてそれが予想よりも安値だった場合にはセカンダリに参戦をしようかと考えている人もいるものです。
しかし、東証一部の大型銘柄といってもSMBC株価予想をするのは簡単なものではありませんし、ましてやIPOの初値予想を当てるということは至難の業となります。

その時の地合によって動くSMBC株価予想も難しいものですが、需給のバランスが読めないIPOの初値予想も難しいもので、結局のところ株価の予測をするというのは専門家であっても困難なものであり、思い通りに動くということはそれほど多くありません。
そのため、株は難しいと思っている人もいることでしょうが、株主優待を目当てとした投資をするのであれば、ここまでシビアに考える必要がありませんから投資をしやすいものとなります。

まず、株主優待を目当てに投資をするのであれば、ある程度長期間保有をすることを目的とするわけですから、目先の値動きを気にしすぎる必要はないので底値でなくても、高値づかみだけはしないように気をつけていれば安心して保有を続けやすいものとなります。
株主優待銘柄を選ぶ時にはむしろ株価よりも業績の方を重視する必要があり、業績は堅調に推移をしているのか安定した経営を続けているのかということを抑えておきましょう。
株主優待は経営状況によってあっさりと廃止をされてしまうこともあるので、値動きを予想するよりはしっかりと業績を確認して投資をするに値するかどうかという投資の基本部分を抑えて投資をする必要があり、またそれらの作業は株価を予測するよりも楽なものですから、株主優待目当ては投資しやすいものとなっています。